美容液で乾燥肌を改善|潤いのあるお肌作り

丈夫で水分の多い肌に

化粧水

30代頃から肌では保湿成分が作られにくくなります。そして水分が抜けることで乾燥肌となるのですが、これは美容液で保湿成分を補充すれば、改善されやすくなります。美容液には、肌細胞を構成するコラーゲンや、肌細胞をくっつけて水分の蒸発を防ぐセラミド、水分を吸収するヒアルロン酸が高濃度で配合されているのです。

潤いをもたらすもの

レディー

乾燥肌には、保湿効果が高い化粧品である美容液は欠かせません。特に保湿効果が高いとされるセラミド入りのものを使い、更に乳液やクリームなど油分の多い化粧品を使うようにして水分と油分のバランスを取ることで潤いやハリとツヤのある肌にすることが出来ます。

乾燥を防ぐ

婦人

肌が乾燥する原因として紫外線があります。紫外線から肌を守るために日焼け止めを塗る習慣を付けてください。また、乾燥肌に効果的な美容液を使用すれば、乾燥した肌に潤いを与えることが出来て乾燥も改善されていくでしょう。

肌の潤いが守るもの

横顔

肌の乾きはトラブルの元

乾燥肌は、肌の水分と油分が少ない状態の肌で、乾燥すると肌のバリア機能が下がり、紫外線の刺激を受けたり、ニキビなどのトラブルを起こしやすくなります。乾燥肌を改善するためには、肌に水分と油分を補給する保湿を十分にして、肌を外的な刺激から守るバリア機能を回復させる必要があります。肌に潤いを取り戻すのに最も有効なアイテムが美容液です。美容液は、化粧水や乳液に比べると保湿のための有効成分が多く含まれ、これらを肌に届ける目的で作られているものです。冬場など、肌の乾燥が進む場合には、化粧水の前に美容液を使うとより保湿効果が得られます。目元や口元は特に乾燥しやすいので、先に美容液を付けて、その後に化粧水や乳液で潤いを閉じ込めると良いです。

肌の保湿にはセラミド

乾燥肌に欠かせない美容液ですが、最近話題になっているのがセラミドが配合された美容液です。セラミドは表皮の角質層に存在していて、水分を蓄えて保湿し、外からの刺激を遮る働きがあります。肌にあるセラミドは加齢とともに減少してしまうので、肌の保湿力が弱くなります。乾燥肌を改善するためには、失われたセラミドを補い、肌の水分を内側から逃さないようにします。セラミドが配合された美容液を使って、肌に潤いを浸透させましょう。セラミドには種類がありますが、保湿効果が高く低刺激なヒト型セラミドを含んだものが人気です。また、セラミドに加えて肌のハリや弾力を高めるヒアルロン酸やビタミンCも含んだ美容液だと、より肌に潤いを与えます。