美容液で乾燥肌を改善|潤いのあるお肌作り

丈夫で水分の多い肌に

化粧水

手軽に保湿成分を補充

肌の水分は、保湿成分によって保たれています。保湿成分は、20代頃までは肌の内部でさかんに作られているのですが、30代になる頃から作られにくくなります。それにより肌は水分を保つことが難しくなり、乾きやすくなっていきます。そしてその状態が続くことで、乾燥肌となるのです。乾燥肌は、保湿成分の不足が原因ですから、スキンケアによって補充すれば、改善されやすくなります。そして補充に特によく使われているのが、美容液です。美容液には、肌になじみやすいように低分子化や高分子化された保湿成分が、高濃度で配合されています。少量の使用でも保湿成分がたっぷりと補充され、肌の乾燥が防がれやすくなるので、乾燥肌に悩む多くの人が使用しています。

それぞれの保湿成分の働き

美容液には具体的には、コラーゲンやセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されています。これらの保湿成分は、肌での働きがそれぞれ異なっています。まずコラーゲンは、肌細胞自体を構成しているたんぱく質です。そのためこれが少ないと、肌がもろくなり、乾燥しやすくなるわけです。そしてセラミドは、その肌細胞同士を接着させる役割を担っています。肌細胞が隙間なくくっついていれば、肌からは水分が蒸発しにくくなるのです。また、ヒアルロン酸には、水分を吸収する性質があります。そのため肌の内部にヒアルロン酸が多く存在していれば、肌は外部から多くの水分を吸収できるようになります。美容液によってこれらの保湿成分を日々補充すれば、肌は丈夫で水分の多い状態になります。乾燥肌は改善されますし、潤いによるつややかさやハリが保たれやすくなるのです。